卵殻膜 効果効能

卵殻膜の効果効能を徹底研究!※アスリートはこう使う!

卵殻膜の効果効能ってやっぱりスゴイ!?※アスリートの使い方とは?

 

本記事では、ビューティーオープナーの主成分、「卵殻膜」にはどのような効果が期待できるのか見ていきます。

 

⇒ビューティーオープナーの詳細を見る

 

 

卵殻膜に秘められた素晴らしい力

 

「卵殻膜」とはずばり、卵の殻の内側にくっついている薄い皮の部分のことをいいます。

 

親鳥が卵を産んで雛がかえるまでの間、親鳥は栄養を与えるようなことはしないわけですが、それでもきちんと羽根が付いた状態で雛が自ら殻を割ってこの世に誕生するのは、卵殻膜に秘められたパワーのおかげなのです。

 

また卵殻膜はケガの治療に用いられることもあり、アスリートが練習中や試合中に負傷した際に卵殻膜を貼ってケガを治すこともあるといいます。

 

卵殻膜に期待できる効果

 

ここでは卵殻膜に含まれる成分や、その効果についてお話していきたいと思います。

 

卵殻膜に期待できる効果は次の3点です。

 

卵殻膜に期待できる効果その1

 

まず、卵殻膜の主成分は「タンパク質」です。

 

タンパク質には、私たちの皮膚・毛髪と密接な関係にあるアミノ酸(全18種類)をはじめ、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」、「シアル酸」、「イソデスモシン」、「デスモシン」、「プロテオグリカン」などといった成分が含まれているおかげで、たるみのない肌となることが期待できます。

 

卵殻膜に期待できる効果その2

 

卵殻膜には美しい肌へと変えてくれる「シスチン」も豊富に含まれていますので、肌はもちろんこと、髪の老化を防いでくれる効果も期待できます。

 

シスチンはアミノ酸の一種であり、私たちの肌にも含まれているわけですが、私たちの肌に含まれるシスチンの量は卵殻膜の5分の1以下にすぎません。

 

シスチンは卵殻膜以外にも小麦、大豆をはじめとする食品からも多く摂取できることが期待できます。

 

ただ、卵殻膜から摂取できるシスチンの量はこれらとは比べ物にならないのです。

 

ちなみに、シスチンが私たちの体内に入ってくると「L-システイン」へと変化します。

 

この「L-システイン」に関しては、シミ・そばかすの対策が行える化粧品においては有名な成分であるため、見聞きしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

卵殻膜に期待できる効果その3

 

卵殻膜には「3型コラーゲン」を生成する働きもあり、私たちの肌の約7割はこの3型コラーゲン・1型コラーゲンの2つで形成されています。

 

3型コラーゲンは乳児の肌に豊富に含んでいることから、「ベビーコラーゲン」と呼ばれることもあり、肌の弾力性をキープする上では欠かせない成分です。

 

しかし乳児の肌に豊富に含んでいる3型コラーゲンも、25歳頃から少しずつ減り始めてきます。

 

これが俗にいう「お肌の曲がり角」です。

 

3型コラーゲンの量が減ると、肌にだんだん硬さが増してくることで弾力性が失われ、たるみが現れるようになるわけですが、最近の研究で卵殻膜に3型コラーゲンを作り上げる効果があることが分かりました。

 

卵殻膜の効果を得たい方は、今すぐビューティーオープナーの公式ホームページにアクセス

 

さてこれまでのお話をお聞きいただいて卵殻膜に対してどのような印象を受けましたか?

 

卵殻膜には髪・肌の老化を防ぐ(アンチエイジング)の効果があることがお分かりになったかと思います。

 

卵殻膜による効果に関しては、ビューティーオープナーの公式ホームページでも分かりやすく書かれていますので、興味のある方は一度のぞいてみてはいかがでしょうか?

 

⇒ビューティーオープナーの詳細を見る

 

.